CONCERT

山名の星筐


2015年10月16日

 

高崎音楽祭2015・山名八幡宮創建840周年記念祭 音楽公演

山名の星筐

 

かつて、人々は自然そのものを信仰の対象とし、神域とされる鎮守の杜(もり)は常世と現世の境界にあたる特別な場所でした。杜は、木立を渡る風や虫の声、鳥のさえずりに彩られた豊かな音の世界です。視線をうつせば、そこは宙(そら)に通ずる開かれた場所。そして、いにしえ人は、宙からの音づれを音楽と呼び、日本における雅楽は宇宙を象徴します。ときに日常を離れ、星の巡りに想いを馳せる — それは、今も変わらず、大いなる自然の営みとともにある自分を感ずるための大切な時間です。今宵、天空の星と音の宇宙に、想いおもいの星座を見いだし、こころの筐(かたみ)に収めましょう。

 

山名八幡宮の境内全体を舞台として、季節の巡り、星の巡りのもとに、社(やしろ)をめぐる音宇宙を体感するひととき。参道〜境内ライティングアート観賞・公演は演奏+アーティストトークの二部構成で、雅楽古典より古代歌謡、正倉院楽器復元曲、現代音楽作品を上演

 

開催日|2015年10月16日(金)17:00開場 日没時開演

主 催|高崎音楽祭 山名八幡宮

http://www.takasakiongakusai.jp/

http://yamana8.net/

会 場|山名八幡宮 

〒370-1213 群馬県高崎市山名町1581 TEL:027-346-1736

 

出 演|東野珠実(笙奏者)

谷内信一(龍笛奏者)

伊佐治 直(作曲家 トーク)

照 明|モリワキヒロユキ

 

企画構成|星筐プロジェクト

記録動画制作|世良武史

https://youtu.be/ZrJmNjS2f0k